Pages Menu
TwitterRssFacebook
Categories Menu

Posted by on 3月 23, 2018 in マダム・ホーのハピネス®メッセージ, マダム・ホーのブログ |

人生100年時代のリタイアまでいくら必要か?4%のルール

人生100年時代のリタイアまでいくら必要か?4%のルール


【今週のテーマ:人生100年時代のリタイアまでいくら必要か?4%のルール】

これは2018年3月17日に配信したメルマガです。

 

今日のテーマは私の個人的な考えであり、経済的なアドバイスではありません。 ご質問のあるかたは、専門家にご相談くださいね。

 

約10年ほど前、日本で著述活動を始めた時から私は「リタイアまでに約1億円必要です」と提唱してきました。

 

その根拠は、当時の私は「人生90年まで生きる」と考えていたので、60歳でリタイアして年間の生活費が300万円だとすると、300万円✕30年間=9000万円。

 

それに物価上昇率などをいれて、ざっくり1億円と考えたわけです。

 

ここでの大前提は、住宅ローンを払い終わっていることと、子供達は成人して独立し老夫婦二人だけの生活であることです。

 

+++

 

今朝(2018年3月11日)に偶然見つけたアメリカの経済誌「マネーマガジン」の記事はこちらです。

 

http://time.com/money/5034017/6-things-no-one-tells-about-retiring/?utm_campaign=money&utm_source=twitter.com&utm_medium=social&xid=frommoney_soc_socialflow_twitter_money

 

この4番目の項目に「4%のルール」がでてきます。

 

この記事によると、株式や国債などで構成される個人のポートフォリオの4%をリタイアした初年度に引き出し、その後は物価上昇率を加味しながら引き出して生活すると、約30年後にはリタイア当初のポートフォリオ総額より増えていて「老後の資金が底をつく可能性が低くなる」のだそうです。

 

+++

 

これは朗報です。

 

なぜなら、リタイアした高齢者が恐れていることの1つが「老後の資金が底をつくこと」だからです。

 

私は素人ですが、素人なりに次のように考えてみました。

 

間違っているかも知れませんが、アメリカの金融商品は平均すると約7%で運用されていると思いますので、4%を生活費に使うと、あと3%残ります。

 

これを「72の法則」に当てはめると、24年間で2倍になる試算です。

 

仮に65歳でリタイアすると、24年後の89歳でポートフォリオが2倍に増えているといいですね。

 

+++

 

もちろん、アメリカの常識では「過去の業績が未来の業績になるとは限らない」と言いますので、これはあくまでも推定です。

 

一方、私達が健康に注意をしていて、65歳でもパートタイムで再就職できるならば、それが生活費の足しになります。

 

このように考えると、「人生100年時代」の老後も悪くないような気がしてきました。

 

+++

 

ただし、大前提として次の3点にご注意ください。

 

(1)リタイアまでに住宅ローンを払い終わっている。

(2)健康に気をつけていて、生活習慣病などの持病がないこと。

(3)若い時から副業や投資をして、複数の権利的収入や年金以外の収入源を確保している。

 

だから、若いうちに色々な経験をする必要があります。

 

ご興味がある方は、ホームページから私までご連絡くださいね。

 

www.madamho.com

 

+++

 

今日のテーマをこちらの動画でお話しています。

 

https://youtu.be/GYwW8HglCaM

 

+++

 

【今週のポイント】

 

人生100年時代に生きる私達は、若いうちから色々なことを経験して老後に備えましょう。

 

(C)Copyright by Madam Ho. Al Rights Reserved.

無断で複写、転載は禁じられています。