Pages Menu
TwitterRssFacebook
Categories Menu

Posted by on 9月 29, 2018 in マダム・ホーのハピネス®メッセージ, マダム・ホーのブログ |

4つの成功パターン分析: 緑の成功パターンの人

4つの成功パターン分析: 緑の成功パターンの人


 

【4つの成功パターン分析: 緑の成功パターンの人 】

 

みなさん、こんにちは。

 

人生100年時代の生き方改革提唱者のマダム・ホーです。

 

2018年9月8日に配信したメルマガで自己分析法として「4つの成功パターン分析」についてお話しました。

 

今日はその中の「緑の成功パターンの人」についてお話します。

 

いつも言うように、 私の限られた個人的な経験をもとにお話していますので、多くの方からの意見を聞き、ご自分で判断してくださいね。

 

+++

 

青同様、緑の成功パターンの人も、日本人には非常に多いタイプだといえます。

 

長所は思いやりがあり優しい。

 

相手の気持ちを理解する。

心を寄せることが得意、というようにサポートタイプの人間。

 

「相手につきあう」ということで、例えば一緒にトイレに行くような行動をします。

 

いつも人といることが好き。

 

極端な場合は、人がしているから自分もする。

 

「赤信号、一緒に渡れば怖くない」など、集団心理にあおられる愚かな消費者です。

 

また他のマイナス面では、世間体を気にする、見栄っ張り、自主性がない、言いたいことをはっきり言わない、などの欠点があります。

 

これらの要因は「嫌われたり、仲間はずれされることが怖い」からです。

 

いつも人と群れていると安心するタイプ。

+++

このような「緑の成功パターン」の人はどうすればいいでしょうか?

+++

いつも言うように、「100%緑のパターン」や「100%赤のパターン」ということはあまりありません。

 

どれかの色が強く出ていて、他の色も混ざっているというのが普通です。

 

したがって、このメルマガで「緑のパターン」という人は、例えば8割が緑のパターン、残りの2割に他の3色が混ざっているケースが多いのです。

 

もっとも、日本人の多くは青40%、緑40%、オレンジ15%、赤5%かもしれません。

+++

では話を戻して「緑の成功パターン」の人ですが、長所は協調性と思いやりがあり、親切。

信条は「和をもって尊し」。

他人に気を使いすぎて、言うべきことをはっきり言えないので、ズルズル損をして負ける傾向があります。

そして、国際社会では「いい人」すぎて、利用されることもあります。

 

+++

対策として「緑の成功パターン」の人には、アサーティブネスを学んでほしいと思います。

 

アサーティブネスとは、「大人として上手に自己主張すること」です。

 

これが「緑の成功パターン」がマスターすべき大切なスキルです。

 

+++

人のことを気にして、また世間体を気にして生きることほど、愚かなことはありません。

 

これはあなたの人生です。

 

協調性もほどほどにして、言いたいことを上手に言えるようにアサーティブな人になりましょう。

 

+++

今日のお話をこちらのビデオをお話していますので、どうぞ

 

 

https://youtu.be/HOu1gpQnZHw

 

 

 

今年のバレンタインデーから始めたフェイスブックLIVE。最初は1ヶ月のつもりが、今は365日チャレンジをしています。

 

みなさんのおかげで、365日チャレンジすることにしました。

 

YouTubeにも投稿していますので、「チャンネル登録」をよろしくお願いします。

 

+++

 

【今週のポイント】

 

せっかくの人生です。

 

他人に気を使いすぎて「犠牲が美徳」というような生き方をしていませんか?

 

「緑の成功パターン」の人は、もしかすると、死ぬ時に「あの時、ああ言えばよかった」と後悔するタイプかもしれません。

 

悔いのない人生100年時代を生きてください。

 

 

(C)Copyright by Madam Ho. Al Rights Reserved.

無断で複写、転載は禁じられています。

 

【個人的なお知らせ】

 

日本は先週に続き、今週も3連休。

 

9月24日(月曜日)は中国圏では中秋の名月をお祝いする「中秋節」です。

 

ロサンゼルスの中華系スーパーやベーカリーでは月餅まんじゅうを売っています。

 

私の好きな月餅まんじゅうは、蓮の実の餡に卵の黄身が2つはいったタイプです。

 

レクチンフリーダイエットもしばしお休みです。

 

(これは2018年9月22日に配信したメルマガに加筆したものです)