Pages Menu
TwitterRssFacebook
Categories Menu

Posted by on 11月 16, 2014 in トップページ, マダム・ホーのブログ, メディア・雑誌・書籍 |

【マダム・ホーよりお願い】11月17日発売予定の「ときめき創刊号」を応援しましょう。

【マダム・ホーよりお願い】11月17日発売予定の「ときめき創刊号」を応援しましょう。


ときめき創刊号表紙

最近の出版不況のなかで、家庭画報さんが新しい雑誌を創刊なさいます。

ぜひこの雑誌が月刊誌になるように全面的に応援したいと思います。

皆さんには少し年齢層が高いかもしれませんが、お母様やおば様に買って差し上げてください。

アマゾンで予約注文を受け付けていますので、こちらからよろしくお願いします。

「ときめき創刊号」2014年11月17日発売予定

<マダム・ホーの関連記事>
「なぜ華僑のお金持ちは、風水を重視するのか?」

.


Read More

Posted by on 6月 19, 2014 in マダム・ホーのブログ, メディア・雑誌・書籍 |

【ヤフーファイナンス連載第5回目】「ひたすら貯め込む日本人、生き金を使う華僑」


【ヤフーファイナンス連載第5回目】

オールアバウトさんに取材していただいた連載記事第5回目を、ヤフーファイナンスさんにも載せていただきました。

「ひたすら貯め込む日本人、生き金を使う華僑」

ひたすら貯めこんでも、幸せなお金持ちにはなりません。

貧乏人は「お金は使うのがカンタンで、お金を稼ぐほうが難しい」といいますが、お金持ちは「お金は稼ぐのはカンタンで、お金を賢く使うほうが難しい」ことを知っています。

「値段」ではなく「価値」がわかり、価値にお金を使うことがお金持ちへの第一歩です。

ヤフーファイナンスの場合は一定期間で記事がなくなりますので、こちらをごらんください。

.


Read More

Posted by on 6月 17, 2014 in イベント, セミナー, セミナー・イベント, マダム・ホーのブログ, メディア・雑誌・書籍 |

「お金の女神 マダム・ホーのハピネス(R)ラジオ」第1回目


【マダム・ホーよりお知らせ】

このたび「お金の女神 マダム・ホーのハピネス(R)ラジオ」というタイトルで声のお便りを始めました。

初めての経験で編集がまだまだ素人ですが、「マダムってこんな声なんだ」「こういう話し方をする人なんだ」と身近に感じていただければ幸いです。

心と頭が固くならないように、常に新しいものにチャレンジしています。この「ハピネス(R)ラジオ」では、イントロをいつものバロック音楽からジャズに挑戦しました。

第1回目は自己紹介と「ピンチはチャンス」というテーマでお話します。

一度、聞いてみてくださいね。

こちらをクリックしてください。

https://www.youtube.com/watch?v=uASUvwRn6oA.


Read More

Posted by on 6月 12, 2014 in マダム・ホーのブログ, メディア・雑誌・書籍 |

ヤフーファイナンスさんにも記事を載せていただきました。


【マダム・ホーよりおしらせ】

オールアバウトさんに取材していただいた連載記事(その3)が今日からヤフーファイナンスさんにも載せていただきました。

極貧生活からミリオネアに!成功のきっかけはどこに?

ヤフーファイナンスの場合は一定期間で記事がなくなりますので、こちらをご覧下さい

「極貧生活からミリオネアに!成功のきっかけはどこに?」.


Read More

Posted by on 5月 2, 2014 in マダム・ホーのブログ |

マダム・ホーのおすすめ書籍:アルフレッド・アドラー人生に革命が起きる100の言葉

マダム・ホーのおすすめ書籍:アルフレッド・アドラー人生に革命が起きる100の言葉


【マダム・ホーお薦めの書籍】

今日のメルマガで書きましたが、日本では意外と知られていませんがアメリカでは本流の考え方がアドラーです。

私も学部時代にアドラーとマズロー理論に感銘を受け、私の人生哲学になっています。

マダム・ホー大学OJTでは教材を使って、皆さんに私のビジネスのしかたと人生哲学を実際に間近に観て、体験して、学んでもらっています。

マダム・ホー式「幸せなお金持ちになる方法」を理解するために、ぜひ、このGW期間中にお読みください。

皆さんの行動や口癖、考え癖の根底にある個人心理を理解できます。

編集者と著者が非常に素晴らしい本を産み出してくれました。非常にわかりやすく、なおかつポイントをまとめてありますので、すぐに読破できますよ。

+++

人生が困難なのではない。
あなたが人生を困難にしているのだ。
じんせいは、きわめてシンプルである。

自らアクションを起こすことでしか運命は好転しないからです。
人は誰もが自らを変える力を持っている。

敗北を避けるために、時には人は自ら病気になる。
「病気でなければできたのに…」
そう言い訳して安全地帯へ逃げ込み、ラクをするのだ。

「やる気がなくなった」のではない。
「やる気をなくす」という決断を自分でしただけだ。
「変われない」のではない。
「変わらない」という決断を自分でしているだけだ。

霊感などの特殊能力を強調する、(中略)など。その背後には強い劣等感が隠されているのです。

悲しいから涙を流すのではない。
相手を責め、同情や注目を引くために泣いているのだ。

不安だから、外出できないのではない。
外出したくないから、不安を作り出しているのだ。
「外出しない」という目的が先にあるのだ。

意識と無意識、理性と感情が葛藤する、
というのは嘘である。
「わかっているけどできません」とは、
単に「やりたくない」だけなのだ。

自ら変わりたいと思い努力をすれば、ライフスタイルを変えることは十分に可能だ。
性格は死ぬ1~2日前まで変えられる。

あなたのために他人がいるわけではない。
「◯◯してくれない」という悩みは、
自分のことしか考えていない何よりの証拠である。

人は失敗を通じてしか学ばない。
失敗を経験させ、
自ら「変わろう」と決断するのを見守るのだ。

自分だけでなく、仲間の利益を大切にすること。
受け取るよりも多く、相手に与えること。
幸福になる唯一の道である。

誰かが始めなくてはならない。
見返りが一切なくても、誰も認めてくれなくても、
「あなたから」始めるのだ。

判断に迷った時は、
より大きな集団の利益を優先することだ。
自分よりも仲間たち。
仲間たちよりも社会全体。
そうすれば判断を間違うことはないだろう。

甘やかすと相手の勇気を奪ってしまう。
手助けしたり、ちやほやしたりするのではなく、
独り立ちの練習をさせよ。
.


Read More