Pages Menu
Categories Menu

Posted by on 10月 25, 2020 in マダム・ホーのハピネス®メッセージ, マダム・ホーのブログ |

お金にモテる人はすでに知っている『ライフ・スパン(老いなき世界)』のシンクレア教授

お金にモテる人はすでに知っている『ライフ・スパン(老いなき世界)』のシンクレア教授


 

お金にモテる人は「時代を先取り」します。

私は世界的ベストセラー著者の予防医学やアンチエイジング医療についても10年近く前から先取りしています。

お金持ちがお金持ちであるゆえんは、一般大衆と違うことをするからです。

同じ努力

同じ行動

同じ思考をしていれば、

それは「人並み」なのです。

では、富裕層は何が違うかというと、

「時代の先取り」です。

極端な例では、バブル経済のときに何が起こったか思い出してみましょう。

ごく少数ですが、バブル経済で上手に財を作った人々は何をしたでしょうか?

かれらは一般と違うことをしたのです。

バブル経済が来る前に先に買う。

バルブ時にバブル価格で売る。

バブルが崩壊して経済が低迷している時に、また安く買う。

これだけのことです。

+++

日本に「リハビリ」という言葉がなかった時代に医学先進国のアメリカでリハビリを学んだ私が確信していることが、「健康資産」です。

人生100年時代で一番大切な資産が健康だと考えています。

日本には国民皆保険があるので、多くの日本人は「健康はタダ」だと考えています。

一方、医療費がたぶん世界一高いアメリカでは、予防医学に力を入れています。

+++

現在、世界20カ国で翻訳されている『ライフ・スパン』の著者、シンクレア教授はオーストラリアの生物学者です。

『ライフスパン(老いなき世界)』

 

まだお若いですが、ハーバード大学医学部で物理学を教えるかたわら、老化と病気について研究なさっています。

約10年ほど前に長寿遺伝子のスイッチをいれるレスベラトロールを発見なさいました。

私はそれを2012年に知り、以来、家族でシンクレア教授が発見したレスベラトロールのドリンクを愛飲しています。

シンクレア教授は、レスベラトロールは老化だけでなくガンやアルツハイマーにも効果があると示唆しています。

そのせいか、私達家族は風邪をひかず、父のガンも再発しません。

(結果には個人差があります)

 

<ご注意>シンクレア教授がおっしゃるレスベラトロールはブルーベリーなどからのレスベラトロールです。レスベラトロールにはイタドリという植物からのものがあり、こちらは安いのですが効果がありませんのでご注意ください。

+++

【今日の動画】

今日のお話したことをこちらの動画でさらに詳しくおはなししています。

すでに多くの方がチャンネル登録をしてくださいました。

いつも応援してくださり、ありがとうございます。


Read More

Posted by on 10月 11, 2020 in マダム・ホーのハピネス®メッセージ, マダム・ホーのブログ |

【あなたもできる!】「金なし、コネなし、経験なし」の「ないない尽くし」の私がアメリカで成功した理由

【あなたもできる!】「金なし、コネなし、経験なし」の「ないない尽くし」の私がアメリカで成功した理由


 

【毎日、誠実にコツコツしていると必ず認められます】

こちらの画像は2017年の母校南カリフォルニア大学(USC)で行われたレセプションの写真です。

私の左のノックス先生は、小児科のインターンでお世話になりました。

また一番左のリンダ先生はUCLA大学病院の精神科インターンの時の部長でした。

このような大先輩と同じ理事会に2008年から参加させていただいていることは、大きな誇りです。

+++

一般的にアメリカの大学は日本と違って私立のほうが上です。その理由は「アラムナイ(Aluumni 同窓会)」です。

人脈、学閥はどの社会でも同じ。

日本から来た私費留学生の私は、アメリカでは「金なし、コネなし、経験なし」の「ないない尽くし」でした。

無から有を創る。

その方法が「まず心ありき」です。

毎日、コツコツ誠実にしていると必ず認められます。

著述活動やオンラインセミナーで日本のみなさんにグローバルリーダーになるためのメンタルを教えるのが私の社会貢献です。

詳しくはこちらの著書にお話させていただいています。

マダム・ホー『世界の富める男たちのお金と愛情の法則』


Read More

Posted by on 8月 29, 2020 in マダム・ホーのブログ, メンタルコーチングのお申し込み |

コロナはあなたが複数の収入源を持つポートフォリオ・ワーカーになって成功するタイミングです

コロナはあなたが複数の収入源を持つポートフォリオ・ワーカーになって成功するタイミングです


 

(この投稿は2020年8月23日に配信したメルマガに加筆したものです)

今のコロナ禍で金銭的ピンチに直面することにより、

複数の収入を持つポートフォリオワーカー

になる必要性を多くの人が痛感しています。

これが「ピンチはチャンス」です。

今、「金銭的に困った!」と思っている人はそれだけ早く問題意識を持って行動を起こすことができるのです。

今のあなたは成功するタイミングに来ています。

今こそ、あなたが何を感じて、

何を考え、

何をするかによって、

あなたの未来が決まります。

+++

今のコロナパンデミックで、多くの人はネガティブなことに心を集中します。

「困った、困った」

「不安で、不安で、しかたがない」

今日のフェイスブックに投稿したように、

「不安だ、不安だ」が口癖の人は

愚かでお金持ちになれない人です。

なぜなら、「不安だ、不安だ」と自分の口から

マイナスのエネルギーを周囲に撒き散らしている

ことがわからない愚か者です。

「不安だ、不安だ」と言って、「私を助けて」とまわりに依存して甘える人です。

自分が周りにマイナスのエネルギーを撒き散らして

迷惑をかけていることがわからない

自己中心的な人間なのです。

+++

このような人には一生、お金持ちになるタイミングが来ないのでしょうか?

答えは、実は誰にでも、いつでも、幸せと豊かさを手に入れるタイミングがあります。

それは「人間的成長をした時」です。

だから、今のコロナ禍のような大変なことが起こった時こそ、

「千載一遇のチャンス」ととらえて自分を変える努力をした人は、

その努力が必ず報われます。

+++

英語の格言でこういいます。

「あなたの命を奪わなかった出来事は、

あなたを強くしてくれる。」

+++

たとえば、愛する人との死別。

瀕死の重傷。

重病からの回復。

倒産から立ち直る。

天災や戦争の被害に合う。

借金地獄からの生還、などなど。

上記にあげた例は「九死に一生を得る」ような体験です。

これらのつらい経験は私達を強く、賢く、慈悲あふれる人間にしてくれます。

これが私の「神メンタル」の定義です。

+++

私の人生でも、このような「つらいこと」が3回ありました。

1.両足に障害を持って生まれてきたこと。これがきっかけで「リハビリ医学を学ぶためのアメリカ留学」をしました。

2.25歳で介護貧乏に転落して、そこから5年未満ではい上がったこと。これがきっかけで複数の収入源を持つポートフォリオワーカーになり、富裕層の仲間入りをしました。

3.母の急死がきっかけで、お金を切り口にして「慈悲の心」がテーマの著述活動を始めた。(私の慈悲とは甘やかすのではなく、父性愛的で建設的な慈悲です。)

+++

今日のメルマガのポイントはこちらの動画でくわしくご説明しています。

もし「役に立った」と思ったらチャンネル登録をしてくださると嬉しいです。

https://youtu.be/NQBwxcWLytI

【今週のポイント】

人生はすべてが「リハーサルなしのぶっつけ本番」です。

あなたが何を感じて、何を考え、何をするかが大事なのです。

(C)Copyright by Madam Ho.  Al Rights Reserved.

無断で複写、転載は禁じられています。


Read More

Posted by on 8月 1, 2020 in セミナー・イベント, メンタルコーチングのお申し込み, 紫微斗数鑑定 |

繊細すぎる人が英語ができる人から学べる神メンタル

繊細すぎる人が英語ができる人から学べる神メンタル


 

みなさん、こんにちは。

 

人生100年時代の元祖ポートフォリオワーカーのマダム・ホーです。

 

100歳まで生きるということは、1つの考え方として「老後」や「余生」というのは「死ぬまでの10年間前後」と考えることができます。

 

そうすると、90歳ぐらいまで働き続けることになります。

 

これを聞いて「うれしい」、「良かった」と反応する人はすでに天職が見つかっている状態。

 

逆に「えぇ、そんなに長く働くのか」と絶句したり、マイナスの反応をする人は今の仕事があまり好きではないと言えます。

 

できることなら、誰もが生きがいのあるキャリアをみつけて人生100年時代を充実させたいものです。

 

+++

 

 

ポジティブなマインドから、ポジティブな未来が生まれます。

 

すべてのものごとには必然性があります。

 

今の武漢肺炎ウイルスによる世界的なパンデミックもそうです。

 

世界中の誰もが迷惑をこうむった同じ状況下で、あなたが何に気づき、何を学習するか?そしてどのような行動をするか?

 

これが人生の分かれ道です。

 

 

+++

 

ポストパンデミックでは、世界の価値観と生活様式(ライフスタイル)が大きく変わります。

 

二度と元へはもどらないので、今からあなたもポストコロナをにらんで準備をする必要があります。

 

+++

 

【繊細な人が神メンタルを持つようになる方法】

 

今のコロナ禍で金銭的ピンチに直面することにより、多くの方が複数の収入を持つポートフォリオワーカーになる必要性を痛感しています。

 

25 歳でエリートから介護貧乏に転落した当時の私は、実は内向的で繊細な人間でした。

 

今の私からはとうてい想像ができないと思います。

 

でも本当に、元々の私は繊細で口下手でした。

 

その私が神メンタルを身につけたのと、英語が上達したことにはある共通点があります。

 

これを過去にだしたこちらの本でも「勉強法」としてあげています。

 

今でもアマゾンで買えます。

 

 

『世界の成功者から学んだこの世で一番大切な勉強法』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4757305672/madhosinsforb-22

 

 

+++

 

 

私はずっと今まで「幸せなお金持ち」や「世界の成功者」という言い方をしてきました。

 

しかし社会が変わり人の考え方が変わっています。

 

 

 

昔から「10年ひと昔」と言います。

 

10年後の今は、具体的に数値化したほうが、私の情報を必要としている人に届くのです。

 

そのため、最近のフェイスブックLIVEで気づいたかたがいらっしゃると思いますが、「年収1000万円以上の人」と具体的な数字で表しています。

 

そうすると、私を必要としている人の元へメッセージが届くのです。

 

例を上げると、私は華僑富豪が実際に利用する紫微斗数やフライングスター風水を使ってカウンセリングをしますが、これらのカウンセリングセッションも「年収1000万円以上の人」と定義することにより、「すでに年収1000万円以上の人」または「年収1000万円以上をめざして頑張っている人」からのお申し込みが来ます。

 

 

一方、そうでない人々は「無料鑑定」や「数千円」の鑑定に行くのです。

 

 

+++

これが「類は友を呼ぶ」の法則です。

 

私はお金という切り口で人生論をお話しています。

 

お金や年収とは、ある意味、「目に見える結果」です。

 

すべてのことに「原因と結果の法則」があるわけなので、「お金とはお金に対する先入観」、「行動」、「知識」などが表面化しているだけです。

 

+++

 

豊かな人生のために一番大切なことは何か知っていますか?

 

それが「心」

 

だから

 

マダム・ホーの幸せなお金持ちになるハピネスレシピは「まず心ありき、そして知識と行動力」なのです。

 

これを今の言葉で言うと「まず神メンタル」です。

+++

 

英語の上達と年収には「神メンタル」という共通点があります。

 

 

今日のメルマガのポイントはこちらの動画でくわしくご説明しています。

https://youtu.be/0V6PhHFVJIU

 

 

 

 

【今週のポイント】

 

年収1000万円以上の人が英語を使いこなしているのは「神メンタル」があるから。

 

言いかえれば「繊細さん」が「神メンタル」を持てば人生が大きく飛躍します。

 

(C)Copyright by Madam Ho.  Al Rights Reserved.

無断で複写、転載は禁じられています。


Read More

Posted by on 7月 6, 2020 in マダム・ホーのブログ |

アメリカの富裕層の夏休み: 子供へのお金教育

アメリカの富裕層の夏休み: 子供へのお金教育


【アメリカの富裕層がしているお金の家庭教育】

 

 


水泳を子供の時に学んでいる人は「水が怖い」なんて言わないように、子供の時に家庭でお金や成功について学んだ人は「失敗が怖い」「お金で成功できない」と言わないと思います。

 

 

家庭で子供に何を教えるかは非常に重要。

 

 

「カエルの子はカエル」と言われるように、親は自分が知っていることしか子供に教えることができません。

 

 

しかし、それを同じように、著書でも引用しましたが

 

「腹をすかせた子供に魚を与えるのではなく、

魚の釣り方を教えれば

その子は一生自分で食べていける」

 

という格言のように、

早く立派に自立できる賢い子供に育てる

ことが重要です。

 

そこで、提案したいのが、アメリカ式お金の家庭教育です。

 

著書でもご紹介させていただきましたが、アメリカの富裕層は子供が小さい時からレモネードを売ってお小遣いを稼がせます。

 

 

『世界の富める男達のお金と愛情の法則』

 

こちらの画像は7月の週末にみかけた7歳の女の子のレモネードスタンドです。

 

ロサンゼルスでも指折りの海が見える高級住宅地をドライブしていると、かわいい手作りのスタンドをみかけました。

 

クルマを停めて、ご両親にご挨拶。
自己紹介をして、「日本の皆さんにお知らせしたいので画像とお名前を投稿してもよろしいですか?」とご承認いただきました。

 

お父様はUCアーバインで脊椎専門の主任外科医。
お母様はUSC卒業生。
かわいいお嬢さんは7歳。

 

このお嬢さんが、「Heal the Bay」という団体に寄付をしたいから、

レモネードを売ることを思いついたのだそうです。

 


てっきり自分のお小遣い稼ぎだろうと思っていた私は非常に感心しました。


「7歳の少女がロサンゼルスのビーチ保全団体に寄付をしたい」と思いつき、それについてご両親がノウハウを教えていました。

 

 

たとえば、

 

「まずは飲み物を差し上げて、

寄付を募る目的をご説明しなさい。

 

すべての人がお金を寄付してくれる

と期待してはダメよ。」と

 

おもてなしの心を教えていました。

 

コレって非常に大事な教えだと思いませんか?

 

多くの人が起業して、すぐに落胆するのは、友達だと思っていた人に断られて失望してあきらめるのです。

 

子供の時から、親に

すべての人がお金を寄付してくれると

期待してはダメよ。

と教えられて育ったら、起業するときの心構えができていますからラッキーだと思いませんか?

 

このようにして、7歳のお嬢さんがレモネードをついでくれます。

 

そして、「この親にしてこの子あり」を痛感したのは、ご両親の気さくさです。

 

 

お父様は外科医であるにもかかわらず、お名前を伺った時にご自身のファーストネームでお話してくださいました。

 

 

(アメリカ在住のアジア系では自分のことを「私の名前はドクター何々です」という人が多いので、新鮮なおどろきですね。)

 

 

いつも言うように、アメリカの本物のエリートは「気さくでおおらか」です。

 

 

お父様は子供の頃、神戸に友人がいて日本に遊びに来たことがあるそうです。

 

偶然なことに、そのご友人は私が通った神戸のインターナショナルスクールでした。

 

また、外科医になった今は、ほぼ毎年、脊椎手術の指導をするために日本に教えにいらっしゃいます。

私がお話を伺っていると、このように次々と高級ドイツ車にのったアメリカのお金持ちが車を停めてお嬢さんのレモネードスタンドにやってきました。

 

 

 

このように小さな子供が寄付を募る行動を支える親やコミュニティーがあるアメリカが大好きです。

 

 

間違っているかもしれませんが、アメリカが世界一の経済大国である一つの理由は、子供の頃から家庭でチャリティーやお金の生きた家庭教育しているからではないかと思います。

 

日本のあなたも、今年の夏休みには、子供に生きたお金の家庭教育をしませんか?


Read More