Pages Menu
Categories Menu

Posted by on 2月 1, 2020 in links, セミナー・イベント, フライングスター風水, マダム・ホーのハピネス®メッセージ, マダム・ホーのブログ, 鑑定のお申し込み |

なぜフライングスター風水鑑定ではあなたの生年月日が必要なのでしょうか?


【フライングスター風水に必要なあなたの誕生日】
 
著書に書きましたように、風水には大きく分けて3つの流派があります。
 
その中で風水の最高峰とされているのが私がしているフライングスター風水です。
 
特徴は「天地人」の3つの要素を組み合わせた3次元的なアプローチです。
 
そのため、「人」の要素として、その家とあなたの相性を観るために性別と生年月日が必要なのです。
 
例えば、私達が新婚時代に住んでいた家は、私と相性が良かったのですが夫とはよくありませんでした。
 
一方、今の家は夫と相性が良く、さらに大吉の家なので、夫婦円満。
 
夫は家の居心地がいいので、毎日早く帰宅して、家でゆっくりと過ごすのが大好きです。
 
このようなことから、もしあなたまたは配偶者や子供がいつも出歩いて家にいない原因の一つとして、家との相性が考えられることもあります。
 
風水では2020年は2月4日から新年です。
 
今年はフライングスター風水の気のエネルギーをうまく活用してみませんか?
 
お申し込みはこちらからどうぞ。
https://www.madamho.com/archives/1330
 動画はこちらをご覧ください。
https://youtu.be/3kCpzIugab8

Read More

Posted by on 1月 5, 2020 in links, マダム・ホーのハピネス®メッセージ, マダム・ホーのブログ |

幸せなお金持ちが使っているオススメグッズ


【今日のテーマ:さぁ、新年のはじまりです。新しい計画をたてましょう】

みなさん、こんにちは。

人生100年時代のポートフォリオワーカーでミリオネア研究家のマダム・ホーです。

100歳まで生きるということは、1つの考え方として「老後」や「余生」というのは「死ぬまでの10年間前後」と考えることができます。

そうすると、90歳ぐらいまで働き続けることになります。

これを聞いて「うれしい」、「良かった」と反応する人はすでに天職が見つかっている状態。

逆に「えぇ、そんなに長く働くのか」と絶句したり、マイナスの反応をする人は今の仕事があまり好きではないと言えます。

できることなら、誰もが生きがいのあるキャリアをみつけて人生100年時代を充実させたいものです。

+++

昨年も1年間メルマガを読んでくださり、ありがとうございました。

新年を迎えるにあたり、おすすめのグッズをご紹介します。

まず、アピカ社の「5年日記」

https://amzn.to/2McdqrN

そして、卓上カレンダー

私は日曜始まりで3本線が引いてあるNoltyカレンダーが気に入っています。

https://amzn.to/2EDOeGe

+++

昔、アピカ社の「10年日記」を使ったことがありました。

すごいと感じたのが紙質です。

10年経っても紙質が黄ばんだりしなくて、「さすが日本製」と感動しました。

そして、今回は5年日記を使うことにしました。

その理由は私がいつも言っている「1,3,5,7の法則」です。

+++

新しいことを始めるときは、次のような心づもりでいると良いと思います。

【マダム・ホーの1.3.5.7年の法則】

その業界や業種を知るために約1年かかる。

パートタイムの仕事としての金額(今の収入の約半分)を得るためには約3年かかる。

フルタイム(今の収入とほぼ同額)を得るためには約5年かかる。

もし7年間、たゆまぬ努力を続けていれば今まで手にしたことがないような収入を得ることができる。

ここでの大前提は「毎日、たゆまぬ努力を続けること」です。

+++

【1万時間の法則】に従うと、「毎日、たゆまぬ努力を続けること」とは具体的に毎日4時間をその夢のためにコミットすることになります。

+++

マダム・ホー式「5年日記」の活用方法は、次の3つです。

(1)単に今日の出来事を書くのではなく、「今日、夢のために自分は何をしたか?」を書く。

(2)同じページに、来年の自分は何をしているか、2年後の自分は何をしているか、と5年後までの自分の姿を書くのです。

(3)そして、翌年のそのページに来たら、1年前に書いた自分の姿と何が違っているか、何が原因か、などを検証します。

こうすることにより、自分の目的に心を集中することができます。

+++

次に、卓上カレンダーです。

私は日曜始まりで3本線が引いてあるNoltyカレンダーが気に入っています。

https://amzn.to/2EDOeGe

その理由は「しなければならないこと(To Do List)」ではなく、「やらないこと」を考えるほうが大切だと思うからです。

そのために「1日に3つだけ重要なことに集中する」のが狙いです。

そして「日曜始まり」も私にとって大切な要素です。

なぜなら、私は日曜日に「今週の予定」をたてるからです。

このような理由で、日曜始まりで3本線が引いてあるNoltyカレンダーが私には役に立ちます。

+++

詳しくはこちらの動画を御覧ください。

もし「役に立った」と感じてもらえたら、チャンネル登録をしてくださると嬉しいです。

【夢を叶えるグッズ】

+++

【今週のポイント】

2019年は令和元年でした。

私は20代のころの夢を思い出して、それを邁進することにしました。

みなさんにとって令和が良き時代となりますように。

2020年が素晴らしい年となりますように、心からお祈りします。

(C)Copyright by Madam Ho.  All Rights Reserved.

無断で複写、転載は禁じられています。


Read More

Posted by on 6月 29, 2019 in links, マダム・ホーのハピネス®メッセージ, マダム・ホーのブログ |

2000万円の老後資金について考えてみましょう

2000万円の老後資金について考えてみましょう


【年金が足らない?! 】

みなさん、こんにちは。

人生100年時代のポートフォリオワーカーでミリオネア研究家のマダム・ホーです。

+++

今日のテーマは、「年金2000万円不足事件」です。

+++

今回の日本滞在中(2019年6月)にニュースで毎日のように取り上げられていたのが年金問題でした。

さまざまなご意見がありますが、今回の発表は

「自分の老後とお金について向き合う良い機会」

だと考えるのが建設的です。

+++

アメリカ時間2019年6月6日のツイッターに次のように書きました。

【人生100年時代の生き方】

「報告書は、高齢夫婦無職世帯(夫65歳以上、妻60歳以上で収入のほとんどが公的年金)では家計収支は平均で月約5万円の赤字で、20年生きるとすれば1300万円、30年では2000万円の資金が必要になるとしている。」

<出典>

東洋経済オンライン 2019年6月7日

https://toyokeizai.net/articles/-/284915?fbclid=IwAR2MsLwQv6yeGYCiJ96VqG5l_FarXRSplnIFUTIACe9AI1zS3iMI9FQ4q2w

+++

私のセミナーに参加したり、著書を読んでくださったかたは

「年金をあてにできない」

とすでに考えていらっしゃいます。

この2000万円という数字も、

各自のライフスタイルや現役時代の収入によって

個人差があります。

毎月の生活費が50万円の夫婦であれば、もっとたくさんの老後資金が必要だと言えるでしょう。

+++

ここでのポイントは次の2つです。

(1)今回の発表について政府を責めてはいけないこと。

逆に、政府が正直に国民に伝えてくれたことを評価すべきです。

その理由は、今の年金制度が発足した時代と今の日本では生活費と寿命が大きく変わっているからです。

まちがっているかもしれませんが、日本で年金制度が導入された当時の日本は途上国だったと思います。

もっと国民の寿命が短かったので、仮に60歳で定年を迎えても死ぬまで10年もなかったと推測します。

その限られた時間をカバーするだけの金額を年金でまかなうことができると計算されていたのでしょう。

+++

その後、日本は成熟した先進国になりました。

そして医学が劇的に進歩したために「当時の医療ではとっくに死んでいる命」が死んでいないのです。

さらに少子高齢化問題が深刻化しています。

当時の年金制度を考えた人々は現在のような少子高齢化の本当の意味を想像できなかったと思います。

+++

(2)自分の老後資金について考える良い機会を与えられたと解釈する。

海外に住む私から見ると日本人は「親方日の丸」で危機感がなく、平和ボケしています。

そんな日本人への警告が、今回の発表です。

なぜ、華僑のメンタルが強くて、お金持ちか知っていますか?

その理由の一つが「かれらは自分の政府を信用していないから」なのです。

政府と国民の関係は、ちょうど親子関係にたとえることができます。

親が子供の面倒を見すぎて過保護に育てると、

子供は依存心が高く、いつまでたっても自立できません。

人間的成長のチャンスがないまま年齢的には大人になります。

一方、親がいない子供や、私や夫のように両親共働きでかまってもらえなかった子供は独立心が強く自立しています。

+++

ある経済学者の理論ですが、「福祉大国になると国が滅びる」という説があるそうです。

すべてを政府にお願いするのではなく

国民一人一人が自分のお金と人生に真摯に向き合う時期が来た

と私は理解しています。

+++

今日のメルマガのコンテンツはこちらの動画で配信しています。

もし、内容が「目からウロコが落ちる」「役に立った」と思ったら、チャンネル登録をしてくださいね。

+++

【今週のポイント】

「年金が2000万円足らない」と正直に真実を伝えてくれた

政府担当者の勇気と英断を高く評価しましょう。

厳しい現実から目をそらさずに自分の人生は自分で切り開く覚悟が必要です。

(2019年6月22日に配信したメルマガに加筆してあります)

(C)Copyright by Madam Ho.  All Rights Reserved.

無断で複写、転載は禁じられています。


Read More

Posted by on 9月 14, 2018 in links, マダム・ホーのハピネス®メッセージ |

4つの成功パターン

4つの成功パターン



 

【今週のテーマ:4つの成功パターン 】

(これは2018年9月8日に配信されたメルマガ448号に加筆されたものです)

 

みなさん、こんにちは。

 

人生100年時代の生き方改革提唱者のマダム・ホーです。

 

私はいつも「人生とは自分探しの旅である」と考えています。

 

そして幸せの近道は「己を知ること」です。

 

しかし、一方で一番理解できないのが自分自身です。

 

今日は同じ1つの例をあげて、4つの性格と行動パターンについてお話します。

 

いつも言うように、 私の限られた個人的な経験をもとにお話していますので、多くの方からの意見を聞き、ご自分で判断してくださいね。

 

+++

 

まず背景をご説明します。

 

レクチンフリーダイエットのおかげで約8キロやせて身も心も軽くなった私は「何かからだを動かす新しいことを始めたい」と思いつき、通っているジムのダンスエクササイズクラスに参加することにしました。

 

最近はダンスを取り入れたエクササイズとして、従来のエアロビクス以外にズンバ、ラティンバ、タバタ、バレなどがあります。

 

その中で、「一番楽しくてステップがカンタン」と評判のダンスエクササイズに参加しました。

 

+++

この時、私は気づいたのです。

 

この世には、私のような「即断即決」の行動派以外の行動パターンがあることを。

 

大きく分けて、私は4つの性格、行動パターンがあると考えます。

 

それぞれに長短あるので、「これが一番正しい」とか「これはダメ」という意見ではありません。

 

あなたはどのタイプが楽しみながら、読み進んでくださいね。

 

+++

「赤の成功パターン」

行動派。

信条:「思い立ったが吉日」

楽天家。

 

+++

「緑の成功パターン」

人情派。

信条:「和をもって尊し」

チームプレーヤー。

 

+++

「オレンジの成功パターン」

几帳面。

信条:「人生すべてがタイミング」

緻密な計画性に優れている。

 

+++

「青の成功パターン」

慎重で勉強好き。

信条:「数字はウソをつかない」

けんきゅう熱心だが、分析しすぎてチャンスをのがす可能性あり。

 

+++

 

さて、あなたはどのタイプだったでしょうか?

 

今日のお話をこちらのビデオをお話していますので、どうぞ

https://youtu.be/2e0B66HbIDo

 

今年のバレンタインデーから始めたフェイスブックLIVE。最初は1ヶ月のつもりが、今は365日チャレンジをしています。

 

みなさんのおかげで、365日チャレンジすることにしました。

 

YouTubeにも投稿していますので、「チャンネル登録」をよろしくお願いします。

 

+++

 

【今週のポイント】

 

人生は自分探しの長い旅です。

 

成功の近道は「己を知ること」です。

 

(C)Copyright by Madam Ho. Al Rights Reserved.

無断で複写、転載は禁じられています。

 

 

 

【マダム・ホーおすすめの1冊】

 

 

今までの食の常識をくつがえす1冊です。

 

苦しい筋トレをしなくても6キロを減量しただけでなく、健康を取り戻しました。

 

そして、正しい食事をすると脳へ正しいシグナルが伝わって、空腹感やドカ食いをしなくなりました。

 

食のパラドックス

 

そして、この本のコミュニティーを作りましたので、ぜひご参加くださいね。

フェイスブックで「食のパラドックス」と検索してください。

 


Read More

Posted by on 4月 20, 2018 in links, マダム・ホーのハピネス®メッセージ |

人生100年時代の生き方改革: あなたの成功と夢の実現のために、どのくらいの年月がかかるか考えてみましょう。



 

あなたの成功と夢の実現のために、どのくらいの年月がかかるか考えてみましょう。

 

このブログは2018年4月14日のメルマガに加筆したものです。

 

【今週のテーマ:愛は忍耐。愛は信じること。自分を愛しましょう。 】

 

みなさん、こんにちは。

 

人生100年時代の生き方改革提唱者のマダム・ホーです。

 

あなたの成功と夢の実現のために、どのくらいの年月がかかるか考えてみましょう。

 

「桃栗3年、柿8年」

 

今日、果物のタネを蒔いて、明日実がなることはありません。

 

しかし、自分の成功やお金になると、このように考えている人が多いのです。

 

彼らは目標を設定して、1週間、1ヶ月、3ヶ月で結果がでないと落胆します。

 

そして1年でほぼ半数以上がやめます。

 

だから、逆に言うと、「1年以上あきらめないで続ける人は成功する」と言ってもよいと思います。

 

+++

 

聖書に愛について次のような記述があります。

 

愛は忍耐。

 

愛は信じること。

 

+++

 

これをあなた自身について、あてはめてください。

 

あなたは自分の努力に忍耐強くつきあっていますか?

 

あなたは「自分はできる」ととことん信じ切っていますか?

 

+++

 

ちょっとぐらいの失敗で落胆して、「もうだめだ」と諦める人は自分を愛していません。

 

1年や2年で結果をだせないと、苛立ってはいけません。

 

愛は自分ができると自分を信じること。

 

愛は自分の努力の結果に、忍耐強くつきあうことです。

 

+++

 

今日のテーマをこちらの動画でお話しています。

https://youtu.be/01zKa2O-U5E

 

+++

 

【今週のポイント】

 

人生100年時代。

 

80歳まで働き続ける私たち。

 

夢を実現するためには、自分を信じて、自分の成功を忍耐強く待ちましょう。

 

 

(C)Copyright by Madam Ho. Al Rights Reserved.

無断で複写、転載は禁じられています。

 

 

【マダム・ホー日本事務所よりお知らせ】

 

4月5日(木曜日)の講演会には多数お越し下さり、ありがとうございました。

 

次回は6月17日(土)にランチセミナーと夜の講演会を計画しています。

 

お申込みはこちらからどうぞ

2018年6月17日(日)ランチセミナーのお知らせ

 


Read More

Posted by on 3月 9, 2018 in links, マダム・ホーのハピネス®メッセージ, マダム・ホーのブログ |

人生100年時代の長寿社会では非常に重要な転倒防止

人生100年時代の長寿社会では非常に重要な転倒防止



2014年のアメリカ政府が発表したデータでは、65歳以上の高齢者は年間3000万件近い転倒事故があるそうです。

 

 

アメリカでは国家免許を持つプロフェッショナル(医師、弁護士、会計士、医療従事者、歯科医など)はCE(Continuing Education)として毎年講習を受ける義務があります。

 

私も2日間のリハビリ用太極拳講師認定コースを受けてきました。

 

転倒防止は人生100年時代の長寿社会では非常に重要なテーマだと思っています。

 

なぜなら、2014年のアメリカ政府が発表したデータでは、65歳以上の高齢者は年間3000万件近い転倒事故があるそうです。

 

高齢者が転倒すると大事に至るのは、転倒して骨盤や大腿骨など大きな骨を骨折すると寝たきりになります。寝たきりになるとボケが進んだり、筋力が弱って、さらに悪化する。

 

そして最終的に肺炎で死ぬというパターンが多くみられます。

 

そのために転倒防止は非常に重要です。

 

+++

 

1月にはリハビリ用に応用できるヨガを学んできましたが、高齢者にはヨガより太極拳のほうが良いような印象を受けます。

 

太極拳には大きく5つの流派があるそうです。

 

その中で一番、優しい動きをするのが「孫式太極拳」英語では Sun Styleだそうです。

 

この「孫式太極拳」をオーストラリア在住の医学博士が関節炎を患う高齢者のために開発しました。

 

+++

 

高齢者の5人に1人がかかる病気って何かご存知ですか?

 

それが関節炎です。

 

日本では神経痛やリューマチなど、関節が痛い病気をこのように呼ぶことがあります。

 

 

+++

 

今日のテーマをこちらの動画でお話しています。

 

 

 

+++

 

【今週のポイント】

 

人生100年時代を元気ですこやかに暮らすためには、からだの健康を保つことが大切です。

 

高齢者の5人に1人がかかる病気が関節炎だそうです。

 

元気でいるためには「関節が動く」ことが大切です。

 

そのためには、ゆっくりで関節に負担をかけない運動を今から始めましょう。

 

 

(C)Copyright by Madam Ho. Al Rights Reserved.

無断で複写、転載は禁じられています。


Read More